効果がでにくい場合や効きすぎるという結果

先発医薬品と『同じ成分・同じ効果なのに安価』などと、利点ばかりが先行するジェネリック医薬品だが、実は問題点も多々存在する。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が切れた後、その薬を他の医薬品会社が製造販売する薬を呼ぶ。

けれど、完全に特許が切れたわけではないことに、注目するべきである。

薬の特許といえば、『物質特許』や『製剤特許』が挙げられる。

物質特許とは、薬の本体、つまり有効成分を指し、この物質特許が切れると、ジェネリック医薬品を製造することができる。

けれど製剤特許が切れていない場合、先発医薬品と同じ添加物や同じ剤形を用いることができない。

添加物が違えば、薬の溶ける速度は当然変わる。

この速度が変わることで、薬の効きすぎや効果がでにくいという結果が表れてくる。

効きすぎならば副作用の心配をしなければならず、効果がでにくいならば、服用する意味がなくなってしまうのである。

さらに、ジェネリック医薬品には、有効性の試験はあっても、安全性の試験がないことも大きな問題点だ。

安全性のデータがない薬を、安心して服用できる人間はそういないはずである。

胃腸薬などの薬であれば、ある程度は許容できるかも知れないが、不整脈など命に直接関わる薬を、ジェネリック医薬品へ移行するのは、多くの危険が伴うことを認識しなければならないのである。