まだまだ普及しているとは言えず不十分

ジェネリック医薬品という言葉は、最近CMなどを見て何となく聞いたことがあると言う人も多くなってはいるが、詳しくどのような物なのかを理解している人は少ないので、ジェネリック医薬品について説明する。

まず、ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも言われ、これまでの有効成分や安全などが実証された、新しい医薬品と同等であると、厚生労働省が認めた医薬品の事である。

企業が開発した特許の期限が切れた後に、新たに申請し製造や販売される安価で提供される医薬品である。

医薬品を利用する側から見ると、薬代の負担が減る事が最大のメリットであり、財政面からも国全体の医療費の削減などの利点がある。

医薬品をジェネリック医薬品に変更するには、薬局などで薬剤師などと相談し処方箋に記載されている医薬品に、ジェネリック医薬品が発売されている場合変更は可能である。

しかし現在の使用状況は、まだまだ普及しているとは言えず不十分である。

それは医師や薬剤師、医療関係者の間のジェネリック医薬品についての、様々な情報を提供する体制が整っていない事も理由の1つで、この状況に厚生労働省も安心して使用出来るような環境づくりの整備を図っている。

医療費の負担減だけではなく、様々な工夫がなされ患者が飲みやすいような製品の開発もされており、気軽に医師や薬剤師に相談する事が大切である。