物質特許が切れた後発医薬品とは

最近、ジェネリックという言葉をよく耳にします。

テレビコマーシャルなどでも、さかんにジェネリック医薬品を宣伝している光景を目にします。

このジェネリック医薬品とは、どういったものなのでしょうか。

今回は、ジェネリック医薬品についてご紹介します。

まず、医薬品には先発品があります。

先発品とは、その医薬品を最初に開発して売り出すものです。

つまり、みなさんが飲んでいる医薬品はほとんどこの先発品になります。

そして、一定の期間がたつとその医薬品を、他の会社でもつくることができるようになります。

最初は、先発品をつくっている医薬品企業しか、販売することはできないのですが、後発品として世に出すことが可能となるのです。

後発品であれば、研究費は先発品ほどかかっていません。

つくりかたがわかっているので、最初から研究する必要はありませんし、どのような設備をつくれば良いのかも把握されているので設備投資もかかりません。

このように後発品であれば、先発品ほどのコストをかけずにつくることができるのです。

最終的な販売価格も安くすることができます。

これがジェネリック医薬品の特徴です。

患者としても効果が変わらない薬を、先発品よりも安く購入することができるのです。

偽物と言う意味ではない

ジェネリック医薬品と聞いて偽物と勘違いをする方々も多いようですが、偽物ではなく元々は正規のお薬です。

製薬会社の権利が切れたお薬の事をジェネリックと言うのです。

効き目や効果は同じで薬の成分もほとんど同じです。

イメージとしては、中身は変わらず箱やパッケージが変わったと理解して頂けたら分かりやすいと思います。

同じ成分にも関わらず、正規の値段よりも安く買える。

別に正規の薬に拘らないのであれば、ジェネリックでも十分だと思います。

薬代が加算でいて経済的に困っている時は、検討すべきだと思います。

病気をすると治療費やその他の出費が多くなりがちですが、抑えられる所は抑えた方が家計に優しく治療が出来るのではないかと思います。